高階に"爺"の隠れ処で呟く!。

日記です。スキルアップの為と暇つぶしでパソコン爺。

今朝は秋の気配を感じました、久しぶりにエアコン無しでOK!。でも昼間はエアコンスイッチONでしょうね…。

--- ようこそ!---こいこい ー-- 住まいる ---新河岸川 --- 
☆天気予報(川越)8/20(火)32℃/26℃晴/雨 21(水)32 ℃/23℃雲。

◇「熱中症」「熱帯夜」対策の1つに「麦茶」も良いよ、日常の飲み物としてください。

f:id:azims:20190820085306j:plain
★20日、西日本は大気不安定 突風に注意を!。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、西日本を中心に大気の状態が非常に不安定になっています。大気の不安定な状態は20日にかけて続く見込みで、気象庁は、急な激しい雷雨や竜巻などの突風に注意するよう呼びかけています。また、東日本でも、20日は局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあります。気象庁は急な激しい雨や落雷、竜巻などの激しい突風に注意するとともに発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には建物の中へ移動するなど安全確保に努めるよう呼びかけています。

f:id:azims:20190820085203j:plain☆<20日の天気予報>局地的に激しい雷雨も!。前線が西~東日本に停滞するため、20日にかけて局地的に激しい雷雨になる所がありそうだ。落雷や突風にも注意が必要。関東でも平野部を含め広い範囲で雨が降り、雷を伴う所もありそうだ。ただ、関東では大雨に関する情報などはない。20日は東北や北陸で大幅に気温が下がり、秋の気配を感じられそうだ。■予想最高気温 仙台 25度(19日より4度低い) 東京 32度(19日と同じ) 新潟 28度(19日より7度低い) 広島 30度(19日と同じ)。 

◇年中無休:「在宅リハビリ」介護者の見守り・介助・同行が必要。1日の動作(朝6:00起床・昼・晩22:00就寝)、歩行器・車椅子・椅子・ソファー・手すり・等の歩行(立位)ベッド(仰向位)・食事・用便・シャアワー・等、体幹・四肢の運動、筋肉協調、体力の向上維持。
☆季節の花(8月):アガパンサス(紫君子蘭)花言葉:恋の訪れ・愛の便り 

f:id:azims:20190820085056j:plain☆マスターズ初Vメドヴェデフ「最高の1週間」 初のトップ5入り<W&Sオープン>!。W&Sオープン男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、TP1000)は18日、シングルス決勝が行われ、第9シードのD・メドヴェデフ(ロシア)が第16シードのD・ゴファン(ベルギー)を7-6 (7-3), 6-4のストレートで破り、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で初優勝を果たした。さらに19日発表の世界ランキングでは5位へ浮上し、初のトップ5入りとなった、

f:id:azims:20190820084845j:plain☆【最新ATPランキング】大坂なおみは前回と変わらず1位となった。錦織が7位に後退。西岡は自己最高位の更新目前!。ATP(男子プロテニス協会)は8月19日、最新の世界ランキングを公表。錦織圭(日本/日清食品)は前週から2つ下げて世界7位に後退した。前週に自身初のマスターズ1000ベスト8進出をした西岡良。

f:id:azims:20190820084659j:plain
☆大谷は16号など2安打!。米大リーグは18日、各地で行われ、マリナーズの菊池がトロントでのブルージェイズ戦でメジャー初完封し、6月23日以来の5勝目(8敗)を挙げた。2安打1四球で8三振を奪った。試合は7―0だった。エンゼルスの大谷はホワイトソックス戦に「3番・指名打者」でフル出場し、七回に7月27日以来の16号2ランを放つなど5打数2安打2打点、1得点1三振だった。メジャー自己最高の9試合連続安打とし、チームは9―2で勝った。

f:id:azims:20190820084415j:plain☆雄星 メジャー初完封で5勝目、わずか96球 2安打1四球 日本投手10人目!。 ◇ア・リーグ マリナーズ7―0ブルージェイズ(8月18日 トロント) マリナーズ菊池雄星投手(28)がメジャー初完封勝利を挙げた。敵地でブルージェイズ打線を2安打無失点、8三振1四球に封じた。球数はわずか96球で、メジャーで100球以下の完封を名投手の名前を用いて評する「マダックス」も達成した。これが26先発目で、今季成績は5勝8敗、防御率5・19となった。

☆8/19 【 順位:セ=①巨人62.46.2、②DeNA58.52.3.③広島57.54.3、パ=①ソフトバンク632.47.4,②西武57.53.1、③楽天54.53.4,】☆19(月)☆:セ 試合無し ☆パ:西武1-2ソフトバンク

★サッカーの試合前 サポーター乱闘で3人死亡 ホンジュラス!。のホンジュラスで、プロサッカーの強豪チームの試合の際、サポーターの間で乱闘となり、3人が死亡しました。中米ホンジュラスの首都テグシガルパにあるサッカースタジアムで17日午後、プロサッカーリーグの強豪チーム「モタグア」と「オリンピア」の対戦を前に、サポーターの間で乱闘が起きました。たサポーターの一部は機動隊の制止を振り切って、フェンスをこじあけてグラウンドに立ち入りました。病院関係者がロイター通信に明らかにしたところによりますと、この乱闘で3人の死亡が確認され、7人がで撃たれたり刃物で切りつけられたりしてけがをしたということです。警察はガラスを割ったのはオリンピアのサポーターだったと見て、乱闘が起きたいきさつなどを捜査しています。乱闘の影響で試合は延期され、両チームはそれぞれ声明を発表し「スポーツイベントでの暴力行為に抗議する」などとコメントしています。

f:id:azims:20190820084120j:plain☆ 散策される天皇ご一家!。犬の由莉と共に、那須御用邸の敷地内を散策される天皇、皇后両陛下と長女愛子さま=19日午後、栃木県那須町散策される天皇ご一家。※ご一家お揃いの「らんらんのリフレッシュ!。」ご気分ご転換に…。

f:id:azims:20190820084037j:plain

☆ 佳子さま 初の外国公式訪問正式決定 オーストリアハンガリー!。秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまは来月、日本との外交関係樹立150周年を迎えるオーストリアハンガリーを公式訪問されることが正式に決まりました。佳子さまの外国公式訪問は初めてです。宮内庁によりますと、佳子さまは来月15日から11日間の日程で、オーストリアハンガリーを公式訪問されます。オーストリアハンガリーは、1869年に日本と修好通商航海条約を結び、外交関係の樹立からことしで150周年となります。佳子さまは両国で大統領を表敬訪問するほか、150周年を記念するレセプションや夕食会で、おことばを述べられます。又、オーストリアの首都ウィーンでは、150周年を機に修復工事が行われた日本庭園の修復完成記念式典に出席するほか、ウィーン国立歌劇場でバレエを鑑賞されます。このあと、ハンガリーでは陶磁器の工房を視察するほか、現地の大学で日本語を学ぶ学生と交流するなどして、来月25日に帰国される予定です。佳子さまは、これまでアメリカでのホームステイやイギリスの大学への短期留学などで外国を訪ねられていますが、外国の公式訪問は初めてとなります。

f:id:azims:20190820083953j:plain
★香港で再び大規模デモ=「170万人」参加!。香港島中心部で18日、逃亡犯条例改正への反対運動に端を発した抗議活動の一環として、民主派団体主催の大規模集会が行われた。集会場所となった公園とその周辺には、主催者発表で170万人(警察発表12万8000人)が集まった。参加者の多くは幹線道路をデモ行進し、市民に実力行使した警察の責任追及や、改正案の完全撤回などを訴えた。 主催したのは、6月の200万人デモを行った民主派団体「民間人権陣線」。警察当局からデモ行進の許可を得られなかったため、団体側は集会の形式を取ったが、間もなくデモに移行した。団体は「理性的な行動」を強く呼び掛けたが、沿道の多くの商店は、警官隊との衝突を恐れて臨時休業した。 

f:id:azims:20190820083855j:plain


インドネシア大統領 カリマンタン島への遷都 正式表明!。インドネシアの首都を現在のジャカルタから、ほかの場所に移す計画について、ジョコ大統領は国のほぼ中央に位置するカリマンタン島に移す考えを正式に表明しました。ジャカルタは、周辺を含めた首都圏の人口が3000万人を超え、人口の過密化や交通渋滞などが深刻な課題となっていて、インドネシア政府は、ことし4月、首都をジャワ島以外に移すことを閣議決定し移転先の選定を続けてきました。こうした中、ジョコ大統領は16日、議会で行った演説で「カリマンタン島に首都を移すことについて議会の承認を求めたい」と述べ、国のほぼ中央に位置するカリマンタン島を移転先とする考えを表明しました。一方で、具体的な場所については言及しませんでした。実際に首都を移すためには議会の承認が必要で、日本を含む多くの外国企業がジャカルタに拠点を置く中、議論の行方が注目されています。

f:id:azims:20190820083814j:plain
☆「トラックマン」で分析! 渋野日向子、平均264.0Yの真っすぐビッグキャリーの秘密 !。軌道に対して完全にスクェアなフェース向き AIG全英女子オープンを制し、一躍時の人となった渋野日向子。それまでは特別飛ばし屋という印象はなかったが、全英では最終日の平均飛距離が264.0Yと抜群に飛んでおり、12番ホール・パー4でエッジまで229Yでピンまで262Yを1オンさせたショットの印象も強烈だ。

f:id:azims:20190820083733j:plain☆一生に何度見られる? 数十年に見ごろは1度、アオノリュウゼツラン開花!。数十年に1度しか咲かない中南米原産の多肉植物アオノリュウゼツラン」が、兵庫県小野市の小西一男さん( 68)方で、小さな黄色の花をたくさん付けている。結婚した1973年から大事に育ててきた妻立子さん(67)は「どんな花が咲くのかずっと、楽しみにしてきた」と喜んでいる。放射状に広がる、先のとがった葉が根元に密集し、竜の舌を連想させることから「龍舌蘭」と呼ばれる。花を咲かせるまでに数十年かかり、英語の異名は「センチュリー・プランツ」(世紀の植物)。空へと高く伸びた株は命が尽きる前に1度だけ花を咲かせ、最後は根元に子株を残して枯れてしまう。小西さん夫妻は結婚直後に小さな株を知人から譲り受け、2,3年後に建てた自宅の庭に植え替えた。40年以上が経過して茎は高さ約5mに成長。今月11日に最初の花が咲き始めた。立子さんは「2人の娘は大きくなって家を出て、長い時間が過ぎた。本当に咲くのか半信半疑だった時期もあるけど、きれいな花にやっとお目にかかれてうれしい」と話している。