高階、新河岸にパソコン"爺"の隠れ処で呟く!。

住マイルリハビリ日記です。スキルアップの為と暇つぶしでパソコン爺。

朝夕は爽秋の風が吹いて来た、ノーエアコンでOK!。日中はまだまだ残暑が続く、「熱中症」には注意してください。

ーー- ようこそ!---KOKIBO ー--爺の呟き ---小江戸川越 ---
☆天気予報(川越)8/26(月)31℃/22℃雲/晴 27(火)30℃/19℃曇。

◇「熱中症」「熱帯夜」対策の1つに「麦茶」も良いよ、日常の飲み物としてください。

f:id:azims:20190826081338j:plain☆8月最終週 西日本を中心に大雨のおそれ 週末は関東を中心に猛暑ぶり返す!。8月最終週は、西日本を中心に大雨のおそれがあり、土砂災害などに注意が必要だ。又、週末は関東を中心に猛暑が戻ってくる見込みで、熱中症など体調管理にも注意が必要となる。30日(金)頃からは太平洋高気圧の勢力が強まり、日本付近を広く覆う見込み。東京の30日(金)から9月1日(日)にかけての最高気温は34℃、熊谷(埼玉)と甲府では9月1日(日)は35℃と予想され、週末は関東甲信を中心に猛烈な暑さとなりそうだ。た、東京などでは最低気温が25℃を下回らない熱帯夜も続くため、昼だけではなく夜間の熱中症にも注意が必要。こまめに水分をとったり、また冷房を上手く活用するなどし、室温の管理にも注意したい。

f:id:azims:20190826115038j:plain

☆<知事選>大野元裕氏が初当選 県民、上田県政の継承選ぶ 上田知事や野党4党が支援、与野党対決制す!。任期満了に伴う知事選は25日投開票され、立憲民主党など野党4党と退任する上田清司知事が支援する前参院議員の大野元裕氏(55)が、自民、公明両党が推薦するスポーツライター青島健太氏(61)、NHKから国民を守る党公認で医師の浜田聡氏(42)、元高校教諭の武田信弘氏(65)、元会社員の桜井志津江氏(63)の4人を破り、初当選を果たした。県民は上田県政の転換を訴えた青島氏ではなく、継承、発展を強調した大野氏を選択した。

f:id:azims:20190826081251j:plain
☆夏休みにそば打ち体験、自ら打ったそばに舌鼓 親子連れら30人が参加、三芳で農業体験イベント!。地元産のそば粉でそば打ちを体験する親子連れ=三芳町上富の同町農業センター 住民らを対象に畑の枝豆収穫や地元産のそば粉を原料にしたそば打ち教室などを行う農業体験イベント「夏休みは三芳の畑で思い出づくり」が、三芳町上富の農家などで開かれた。町内や近隣の親子連れら15組約30人が参加し、慣れない手つきで自ら打ったそばの味に舌鼓を打った。自然が豊かで日本農業遺産に認定された武蔵野の落ち葉堆肥農法を推進する農業の町をアピールしようと、町内の市民団体「ぷらっと、みよし。協議会」(早川光男会長)が企画した。同協議会は昨年、地元の農家や事業所など15団体が組織して発足。三芳町が事務局を担当し、農業体験などを通じて町のアピールしようと、拠点整備や体験プログラム、商品開発に着手。畑での農泊キャンプや野菜の収穫祭、町役場内のPR施設の設置などに取り組んでいる。この日、参加者は同会長の早川さんの農園で枝豆を収穫。その後、隣接する同町農業センターで、そば打ち体験教室が開かれた。親子連れらはふじみ野市蕎麦商組合に加盟するそば店主らの指導で、そば粉を練りこんだり、のし板と巻き棒で伸ばすなど、初めてのそば打ちを楽しんだ。

◇年中無休:「在宅リハビリ」介護者の見守り・介助・同行が必要。1日の動作(朝6:00起床・昼・晩22:00就寝)、歩行器・車椅子・椅子・ソファー・手すり・等の歩行(立位)ベッド(仰向位)・食事・用便・シャアワー・等、体幹・四肢の運動、筋肉協調、体力の向上維持。 

☆季節の花(8月):アガパンサス(紫君子蘭)花言葉:恋の訪れ・愛の便り

☆13:20 訪問リハビリ(理学療法士理学療法・セラピー・各種機能訓練)。※体幹の安定維持(正しい姿勢の維持:骨盤底筋)・四肢筋協調運動及全身持久力向上。※療法士と、実行プログラムについての評価・課題・修正・世間話等。

f:id:azims:20190826081204j:plain☆「こんなに早く2勝目を挙げられて幸せ」石川遼がツアー16勝目 初の2試合連続V達成!。<長嶋茂雄Lセガサミーカップ 最終日◇25日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)◇7178ヤード・パー72>2年間の不調からカムバックし、今季2勝目を挙げた石川遼。初日こそ首位タイの滑り出しだったが、その後は単独トップをキープし、最後まで走り抜いた。「こんなに早く2勝目を挙げられて幸せ。後半戦も続くので、これからも頑張っていきたい」と気合を込めた石川。ますますの快進撃に期待がかかる。※今季賞金ランク1位(6255万円)に浮上。

f:id:azims:20190826072205j:plain
☆西岡 旋風再現へ「自信あります」、前週体調不良から回復!。テニスの4大大会、全米オープン(ニューヨーク)は26日に開幕する。前週の4大大会に次ぐ格付けのマスターズ大会、ウエスタン・アンド・サザン・オープン(米シンシナティ)男子シングルスで8強入りした世界ランク59位の西岡良仁(23=ミキハウス)は25日、試合に向けて約1時間の練習を行った。 シンシナティでは2回戦で錦織圭(29=日清食品)をストレートで下し、3回戦も格上のアレックス・デミノー(オーストラリア)を撃破。準々決勝は体調不良により棄権したが「翌日には元気だった」と今大会への影響はない様子で、「前週が良かったので結果が出た分、自信はあります」と力を込めた。今大会を第7シードで臨む錦織は23日の会見で「いま一番試合したいのはよっしー(西岡)ですね。こてんぱんにやられたので、リベンジしたい」と語っていた。その言葉を受けた23歳は「うれしかったですね」と破顔。「(錦織は)いろんな部分でやりにくさもあったと思うけど、僕はただやるだけだったので。次戦う時はまた違う気持ちの持ち方になると思う。前回以上に強い錦織選手に僕もどれだけやれるか試せるので、またやりたい」と声を弾ませた。

f:id:azims:20190826072116j:plain

☆大谷が今季100安打…5月に復帰、92試合目!。米大リーグは24日、各地で行われ、エンゼルスの大谷は敵地でのアストロズ戦に「3番・指名打者」で先発し、四回に今季100安打目となる中前打を放った。右肘靱帯(じんたい)の再建手術から5月に復帰し、この日が92試合目の出場。投打の「二刀流」でプレーした1年目の昨季は93安打だった。5打数1安打で、チームは2―5で敗れた。試合前には、球場内のブルペンで術後12度目となる投球練習。捕手を座らせて、速球、カーブに加え、新たにスライダーを解禁して計34球を投げ込んだ。「変化球を投げ始めて日は浅いけれど、感じはいい。全体的にキレもよかった」と話した。

☆8/25 【 順位:セ=①巨人65.49.2、②DeNA60.56.3.③広島60.57.3、パ=①ソフトバンク64.51.4,②西武61.554.1、③楽天57.56.4,】25(日)☆:セ DeNA3-0巨人、阪神1-5ヤクルト、広島4-10中日。☆パ:楽天14-2西武、日本ハム6-1オッリクス、ソフトバンク3-4ロッテ。

f:id:azims:20190826071858j:plain

☆飲食や宿泊機能を持つ複合施設「におどりプラザ」、三郷に開業 地域のにぎわい創出、まちのシンボルに!。飲食店や会議室、パスポートセンターなどを備える三郷中央におどりプラザ(三郷市提供) 三郷市中央1丁目に公共施設「三郷中央におどりプラザ」が開業した。飲食店や会議室、宿泊施設、行政サービス機能を併せ持つ複合施設。地域のにぎわい創出やコミュニティーの活性化などを目的に、つくばエクスプレス三郷中央駅周辺地域の新たなまちのシンボルとなりそうだ。構造は鉄骨3階建てで、延床面積は1440・95平方メートル。パスポートセンターや放送大学三郷中央校、可動式間仕切りの会議室やカフェなどを備え、予約図書の受け渡しサービスも行う。施設は指定管理者である大和リースが運営し、パスポートセンターについては市が直接運営する。開業に先立ち開催された完成記念式典で、同市の木津雅晟市長は「市民の交流の場として、新たなまちのシンボルとして、当施設が多くの皆様に親しまれるよう効果的な活用を図っていきたい」と話した。9月30日には220の客室を備える併設の宿泊施設「東横イン」がオープンし、改めて「まちびらき記念式典」が開かれる予定となっている。

f:id:azims:20190826071821j:plain☆3度目のノーベル賞狙う3代目、建設費概算要求に!。文部科学省は、次世代の素粒子観測施設「ハイパーカミオカンデ」を、岐阜県飛騨市に建設する方針を固めた。事業費を来年度予算の概算要求に盛り込む。ノーベル賞につながる成果を得た「カミオカンデ」「スーパーカミオカンデ」の後継となる施設で、宇宙誕生の謎に迫ることで3度目のノーベル賞を狙う。 施設は東京大宇宙線研究所が飛騨市の山中の地下に建設する。高感度の光検出器を多数備えた巨大水槽(高さ60メートル、直径74メートル)を造り、素粒子の一種「ニュートリノ」が水槽内の水と衝突した際などに出る微弱な光を捉える。2020年代後半の本格稼働を目指す。研究では、ニュートリノと、その反対の性質を持つ「反ニュートリノ」の違いを検証する。原子核を構成する陽子が壊れる現象「陽子崩壊」の初検出も目指す。いずれも宇宙の成り立ちの謎に迫り、現代の物理学を発展させる内容だ。まれな現象を捉えるため、水量はカミオカンデの約90倍、スーパーカミオカンデの約5倍に達する。文科省は今年度予算に調査費5000万円を計上、計画の意義などについて検討してきた。建設などの事業費は総額約650億円と見積もられ、国や東大のほか、計画への参加予定国にも費用を分担してもらう方向で調整を進めている。ニュートリノ研究では、カミオカンデによる観測で02年に小柴昌俊・東大特別栄誉教授が、スーパーカミオカンデで15年に梶田隆章・同研究所長が、それぞれノーベル物理学賞を受賞しており、費用に見合う成果を得られると判断した。

f:id:azims:20190826071742j:plain☆狩猟と有害獣駆除のはざまで―野生動物と生きる「食猟師」の葛藤 !。「料理人が好奇心を抱くようなものに仕上げないと価値がない」。自ら「食猟師」を名乗る小野寺望さん(51)は言う。野生鳥獣による農作物被害の深刻化を受け、国や自治体がジビエ産業の振興に取り組んでいる。しかし、「有害獣駆除」と「ジビエ」の両立は、一筋縄ではいかない。そのはざまで生きる食猟師を追った。

★9195万円不正受給で阪大教授解雇、セクハラも認定 !。大阪大は21日、通勤手当や出張旅費の不正受給問題で、大学院高等司法研究科の青江秀史教授(64)を懲戒解雇にしたと発表した。阪大によると、青江教授は東京に自宅があったのに、「岡山県の借家から通勤する」と虚偽の賃貸借契約証明書などを提出して通勤・住居手当を不正受給したほか、東京への往復費用なども出張旅費として請求。阪大に採用された2004年以降、計9195万円を不正に受け取った。今年3月末に阪大が調査結果を公表。その後、学内で青江教授から受けたセクハラに関する相談があったことも分かり、体調不良を訴える相談者に処置と称して体を触るなどの不適切な行為があったと認定した。西尾章治郎学長は「信頼回復に努める」とコメントした。